2014年02月25日

◇三田原山 山スキー(2014.2.23)

沢屋集団との山スキー2日目です。昨日は鍋倉山、今日は三田原山。朝から快晴です。そのぶん雪質が懸念されますが…。まあ三田原山はロケーション重視でいきましょう!滑る斜面が真南斜面なので、そもそも雪質を求めること自体がナンセンス…?



ゴンドラとリフトを乗り継いで着いたところは既に1850m。450m登れば約1000m滑れるというオトクなルートです。そのぶんリフト代はかかりますが…。今年から?駐車場料金(300円)もプラス?合わせて2000円を超えてしまいますが、今日くらいの条件で遊ばせてもらえれば安いと思えます。

fbe9486a69426c82fab2e9013bf8add9.jpg
   三田原名物カンバの疎林を登ります

三田原山のウリといえばダケカンバの疎林と高妻山&乙妻山、北アルプスの眺めでしょう。雪の白、空の青にポツリポツリと生えるカンバがアクセントを付けます。牧歌的なのんびりした風景が広がります。

283cd72b208bf4ed9920c05db10e7781.jpg
   高妻山&乙妻山、北アルプスの展望がすこぶる良好!

さて、懸念された雪ですが、前日日が当たらなかったのか、恐れていたモナカはごく一部しか生成されず…。それでも今日たっぷり日を浴びてるので、雪質は七変化です。気を抜くとやられます。軽いパウダーかと思ったらガリッときたり、モフッときたり、ボソッときたり、ネトッときたり…。それでも極悪雪になることなく最後まで〜。晴れの三田原山でこの雪なら十分です!今日たっぷり日を浴びたので、明日は表面が冷えて凍ってモナカ確実でしょう。ま、月曜だから被害者は少ないか…。








posted by bunapow at 19:00| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。