2013年04月20日

◇火打山東面 濁俣川右俣 山スキー(2013.4.20)

年に一度の笹ヶ峰シリーズは吉田さんのお誘いで濁俣川右俣へ。
初の火打山東面〜岡沢への通り抜けであります。

今年は3月からずっと暖かくて、妙高・火打の雪の残り具合も寂しい状況。
おかげで登りは黒沢を使えず、夏道の通る十二曲りで修業させられる羽目に。

Img_5600
     橋がこんなに出てました

予報はくもり。
朝はくもりだったけど途中から青空が広がってきました。

Img_5636 ⇒ Img_5657_2

と思ったら、いつの間にやら空が鉛色になってきて、
谷に入ってしばらくで小雪がちらついてきたではありませんか!
降水確率20%だったから、明るいうちは降らないと思っていたのに・・・
まあ、0%じゃないですからね〜

Img_5670
     濁俣川右俣ゴルジュ帯に突入!

Img_5681_9
     鬼ヶ城側から押し出しが

谷を滑っている途中で振り返ったら、稜線は雪雲の中。
30分遅かったら、ガスの中の滑り出しになったことを思うと、
こんな天気ではありましたが、タイミングは良かったのかなと。

Img_5741
     雨の中車道歩き・・・

標高が下がるにつれて雪が雨に。
車道が発電所まで除雪されていたのはガッカリでした・・・
まあ、しゃべりながら歩いたので、退屈ではなかったですけど・・・



posted by bunapow at 13:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長旅ご苦労様でした。
これほど長く緩斜面が続くルートって濁俣右俣だけではないでしょうか。
予期せぬ事もありましたが、過ぎてみれば全て良い旅の思い出です。
また滑りましょう。
Posted by 吉田 at 2013年04月21日 21:00
吉田さん、最初から最後までお世話になりっぱなしでありがとうございました。
いろんな場面が出てきて楽しいルートでした。
また、よろしくお願いします。
Posted by たつの at 2013年04月22日 20:40
お疲れさまです
澄川以外にも濁俣川も滑るんですね〜

岩魚釣りで右俣を途中まで遡ったことあるけど
上から滑って〜って思ったことなかったですよ

澄川もまだなので、来シーズン考えようかな
Posted by fwix at 2013年04月23日 23:21
澄川もそのうち行かねば・・・
行く時は声かけてくださいね〜

岩魚釣ったら食べてあげるので、沢もよろしく!
Posted by たつの at 2013年04月24日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。