2014年02月24日

◇乙妻山 山スキー(2014.2.21)

金曜日に休みが取れたんで乙妻山へ。大型連休中のM野氏と。新潟県は雪予報で長野県北部も微妙な予報でしたが、大荒れになるような感じではなかったので行ってきました。予報通りにほぼ一日小雪がチラつく天気でした。その中でも北東大斜面で15分だけですが晴れたのだけが救い。ロケーションはいいですね〜。

183b0dcb9cbd5b0ce26e9d0c2076981b.jpg
   北東斜面の中間あたりを登っている時に15分だけ晴れてくれた!

この乙妻山北東斜面ってのは古くから滑られてるみたいで、今でも人気が高いです。標高が高くて斜面が北東を向いてるのでパウダー率は高いです。ウネウネと変化のある斜面自体も素晴らしいです。この日もやや重ではありましたが、今シーズン最高のパウダーでございました。問題はアプローチ。この斜面に取り付くまでが長いんですぅ〜。でも、もし斜面の取り付きが登山口だったとしたら、えらいことになるでしょうね〜。

d72171e17a6a04e300e887323367841b.jpg
   稜線はガスガスだったけど一瞬だけ高妻山が見えました!

6時ぐらいには出発のつもりだったけど、なんやらかんやらで7時出発。とりあえず行けるところまで…。この北東斜面は高妻山敗退の時に滑ってるから2度目なんですけど、乙妻山はまだ登ってないのです。天気イマイチではありましたが、とりあえずピークハントして、なんとか普通の時間に降りてこれました。今回はM野氏と2人だったのでロスなく行けたけど、大人数だったら山頂到達率は下がるでしょうね〜。あと、ラッセル浅かったのも助かった…。稜線近くはズリズリして疲れたけど。



久しぶりにガッツリ山に登った感じでした!








posted by bunapow at 10:00| Comment(2) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

◇昼闇山北尾根末端三角1111m経由(2014.2.11)

建国記念の日絡みの4連休のうち前の3日は福島へ。2日山スキーで1日は観光。最終日はいったん家に戻ってから、焼山温泉起点の山スキーへと行って参りました。晴れてたのは朝だけで、歩いている間はほとんど雪降り。

焼山温泉&笹倉温泉を起点とする山スキールートはたくさんありますが、ほとんどは春になってからのロングルート。パウダーシーズンは放山か、最近では新田山が人気あるみたい。パウダーシーズンにこの2ルートだけでは寂しいな〜。…ということで、今回探索に行って参りました。

IMG_5148.JPG
     出だしは晴れてたんですけどね〜

ま、結果から申しますと…「新田山より標高差はあるけど、そのぶん遠い」です。と書いてしまうと、つまらなかったんじゃないかと思われますが、階段状に出てくる疎林斜面は快適でした。また登りの1111mの標高点を通るというのがオマケとして付いてきます。いらねぇ〜か…。

IMG_5235.JPG
     本日の終了点から 阿彌陀&烏帽子

場所的に、昼闇山北尾根末端三角としておきます。ちょっと登ってちょっと滑るだけでいいや…という人は新田山へ。もう少しガッツリと…という人はこの昼闇山北尾根末端三角へ。一応900mくらいは登れますし、ラッセル率は限りなく100%に近いと思われます。多分地形はシャルマンと同じようなもんかと。詳しいことはHPにて。






posted by bunapow at 21:58| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

◇グランデコから西大巓×2&喜多方ラーメン&押立温泉「住吉館」

建国記念の日を絡めて東北遠征を毎年のように企画してます。でも、だいたい天気が悪くて企画倒れに終わります。今年も良くないですね〜。ウチだけなら行かないんですが、今年は方々から集結しての吾妻山。天気悪くてもそれなりに楽しめそうです。

裏磐梯のビジターセンターに当日の朝集合。初日のキャプテンでありますraccoさん夫妻、山形からクマタカさん、横浜からまきchin隊、そして、こちら側のキャプテンでありますまぁ君の総勢7名であります。関東組は大雪前に東京を脱出って感じですね。

DSC_0004.JPG
   出発準備(写真:まぁ君)

裏磐梯も南岸低気圧による雪が降り始めています。太平洋がスゴイ渦巻だったにもかかわらず、意外とおとなしく降ってます。予定はグランデコから西大顛に登ってボス大顛を通って、最後は不動滝あたりに降りるというロングコース。しかし、おとなしく降ってるとはいえ、天気は悪いのでだんだんと予定は縮まり、ブナ落としに近いルートで降りてきたそーな。「ブナ落とし」がいったいどこなのか知らないけど、斜面に逆らわずに降りたらこうなった…という感じかな。山のことはまたあとで…。

IMG_0357.jpg
   西大巓山頂で〜(写真:まきchin隊)



山の後は喜多方ラーメン。あっさり系なら…とまきchin隊おススメの「食堂いとう」へ。「伊藤食堂」とかあってややこしい。ラーメンは期待通りに美味しかったです。で、別に頼んだ炒めそば。メニューの写真はまずそうで、現物が来ても美味しそうには見えなかったけど、食べるとスゴイ美味しかった!期待外れの美味しさでした〜。クマタカさんとはここでお別れ…。ありがとうございました〜。

P2087759.JPG

温泉は地域保健福祉センター「夢の森」へ。300円はウレシイ!raccoさんとはここでお別れ。ありがとうございました〜。本日の宿泊は喜多方の道の駅。道の駅の食堂で1次会のあと、まぁ君号で2次会。11時ごろまで飲んでいたらしい…。今晩は東北が大雪。明日はどうなるやら…

P1020554.JPG
   道の駅で1次会

で、翌朝起きるも新雪は少しだけ…。外に脱ぎっぱなしの長靴、あまり雪入ってなくて助かりました。もともとの予定では西吾妻山にあっちからこっちから。昨日はグランデコから登ったので、今日は天元台からの番。でも、天気悪いからな〜。天元台はスキー場トップまで行って天気悪ければ、そのあと動きが取れない…。対して、グランデコからなら西大顛まで濃い針葉樹に守られているので、とりあえずは西大顛まで登ることができます。西大顛まで行って、稜線歩けそうなら二十日平へと降り、ダメなら昨日の南西尾根、またはそのままスキー場へ…ということになりました〜。

IMG_1020.jpg
   2日目スタート!(写真:まきchin隊)

きのうも先行者ナシだったけど、今日もナシ。同時スタートはいましたが…。お手軽メジャーコースなのに静かです。やっぱり大雪の影響か…。スキー場の下からは西大顛や西吾妻山が見えてたんですが、登ってみるとダメ〜。風も強くて寒いです〜。ということで、今日は南西尾根に忠実に乗って進むことに。でも結局は誘惑に負けて短縮。しかし、初志貫徹で不動沢を渡る林道まで滑ってスキー場に戻ったのでありました。山のことはまたあとで…。

IMG_1377.jpg
   (写真:まきchin隊)



温泉は磐梯山の南側にある押立(おったて)温泉の「住吉館」へ。離れた露天が冬は入れないので800円→600円。玄関からは秘湯ムードが感じられましたが、中は改築?されてて小奇麗でした。温泉もなかなか。時間外なのに蕎麦を出してくれたりと、若旦那のおもてなし度が高かったなあ〜。トークも癒し系だったし…。とても良い気分で住吉館を後にします。泊まってみたくなりました。

P1020610.JPG
出迎えに来てくれました!

IMG_4963.JPG
   住吉館の蕎麦

IMG_4966.JPG
   デザートまで…

住吉館の駐車場で、先週に引き続き今週も遊んでもらった3人とお別れ〜。通行止めが解除になった東北道はガラガラで早い時間に家に着いたそうな。やっぱり出て行く人がいないから、帰る人もいないってことですね〜。

さて、我が家はもう1日休みがあり、福島の友人宅を訪ねます。そして翌日は大内宿へ観光。ネギそば食ってきました。詳細は次の記事へ…。

   ↓↓↓ raccoさんの動画です!







posted by bunapow at 20:47| Comment(2) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

◇大渚山 山スキー(2014.2.1)西斜面のオマケ付き

ここ1年くらい、あちこちで遭遇したこばさんまっちゃん&みいさんごろ太君&まきchin、そしてまぁ君。鳥海、谷川、白山、白馬…等々、ホントあちらこちらで。こりゃ一度混ぜてもらわないといけないなあ…と、今回まぁ君にお願いして実現。

IMG_4864.JPG

行き先は大渚山。年に一度は大渚詣で。大寒中というのに春の陽気。ラッセル喰らえば4,5時間かかる大草連からの大渚山ですが、こんな陽気なので2時間半で山頂へ。大草連からの往復だけでは味気ないので、西斜面のオプション付きとなりました。

IMG_4875.JPG

雪質はまったく期待していなかったというか、修行を覚悟していたんですが、前日降った5センチ程度の新雪が幸いして、まだ陽の当たらない西斜面はまずまず。板が軽く走ってくれる雪質で楽しめました。

IMG_4878.JPG

滑ったぶんだけ滑ったところを登り返すという、ルートとしてはあまり美しくはないですが、オマケを付けるとそのぶん充実しますね。登り返してからは宴会ヶ岳。初参加なので学習に専念。

IMG_4922.JPG

最後の南斜面も、修行覚悟が意外と悪くなくて楽しめました。いくら気温が上がっても、当日のうちなら大丈夫ってことですね〜。融けて凍るとタチが悪くなる…と。まさに生もの。若干透明度には欠けるものの概ね晴天で、雪質に恵まれ、メンバーに恵まれ、楽しい一日を過ごせました。

動画をたくさん貼っておきます




   こばさんの動画【前半】


   こばさんの動画【後半】






posted by bunapow at 20:53| Comment(6) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

◇ハクノリ&赤禿山途中まで(2014.1.25〜26)

この週末は愛知県時代(1年ほど住んでいたことがある)の山仲間とのOB会という名の山スキー(という名の宴会)でした。名古屋ASCという山岳会には腰掛け程度にしか在籍していなかったんですが、10年以上も経った今でも、つながりがあるというのはありがたいことであります。

参加者は9人。在籍中に重なっていたのは1人だけなんですけどね〜。やめてからの知り合いも多いんです。今では所属の会がバラバラになり、今日は4つの山岳会の集まりとなりました。で、各会の希望者も連れてきていたりで、9名中で初対面の人が3人。品揃え豊富な面白い集まりとなりました。

8d2fd845d99828f1c1420b48c3eaedab.jpg
   林道を歩き始めます

そんな集まりですので行き先はベタベタにハクノリ。本日山スキーデビューもいたりします。ただ、道具の不具合?で本日デビューとはなりませんでしたが…(翌日無事デビュー!)。南風吹いて、気温上がったけど、天気はまあまあ。山頂(手前)は風強くて辛かったですけど…。滑りは大モナカで大転倒大会!厳しい雪でしたが、これも山スキー。悲鳴を上げながら楽しく滑ってきました。

9da764422b7ab51853d2e3c9f8f2f63b.jpg
   ハクノリ大斜面の登り

1acae95f60f11ed9f6c5dda0179feed3.jpg
   ハクノリ大斜面の下り

夕方からは大町に住むSさん邸(亭)で宴会。中華のオードブル、餃子、手作り料理…等々、お酒もたっぷりで盛り上がります。最終メンバーまで勝ち残ってしまい、寝たのは2時過ぎてからでありました。

翌朝は雨。予定は赤禿山。誰も「中止」の単語は口にしません…。朝飯の時、すでにビーコン着いてる人もいましたし…。山スキーデビューの仕切り直しもしないといけません。てなわけで、とりあえず出発。白馬は雪。小谷は雨。平岩も雨。大峰峠への車道を少し登ると雪に変わり、路面も雪となりました。登山口に来て降ってる物が雨ではないので、中止の口実はなくなってしまいました。

ce87c717d9504001374850dffaf936eb.jpg
   雪降る中、赤禿山へ

湿った雪の中を登り始めます。出発も遅く、天気も悪く、初心者がいたこともあり、赤禿山山頂まで行くのは無理。900mのポコを最終到達点としました。この頃にはだいぶ軽い雪になっていて、それなりに楽しみながら滑って降りてきました。ほとんどターンしてませんが。山に入ってる4時間くらいの間で20センチは積もってました。

温泉は大町まで引っ張って薬師の湯。小谷の道の駅は工事中で休業でございます。白馬は芋洗いの芋になるし…。そして、Sさん邸に戻って解散となりました。楽しい2日間でありました。また次回のお楽しみ!





posted by bunapow at 09:26| Comment(2) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。