2014年04月07日

◇山スキーシーズンなのに姫路城観光(2014.4.5-6)

スキーシーズンですが姫路城観光。

たつの家と姉一家が集結するというので参入です。
一泊二日で姫路はちょっと遠いけど、少しでも観光しましょう!

IMG_6917.JPG
   姫路城は改修中!

大改修中の姫路城ですが、3月末で一段落。
4月から少し見れるようになるというので姫路城へ。
お城本体が足場と網に囲まれてて、
これはこれで珍しいもん見たなって感じでした。

IMG_7002.JPG

IMG_7004.JPG

ここんとこ山の写真ばっかりだったけど、
お城とか花とか撮るのも楽しいですね〜
そろそろオートマから脱却しないと…

IMG_7008.JPG

IMG_7135.JPG

桜満開でイベントやってて大賑わい。
それでも駐車はできたし、花見のスペースもまだまだ余裕。
さすが世界遺産の姫路城。
懐の深さを感じました。

IMG_7142.JPG

お城見物の跡は姫路駅の方へ。
明石焼きを食べに行きました。
タコピアというところへ。

IMG_7251.JPG

明石焼きはもちろん注文。
あと「そば焼き」なるものがあったので、
面白そうだから注文。
そしたら「焼きそばで〜す」って出てきました。
味も見た目も焼きそばでした〜

IMG_7245.JPG
   明石焼き

IMG_7247.JPG
   そば焼き

IMG_7258.JPG
   姫路駅からの姫路城です

姫路を後に、今晩の宿であります塩田温泉「上山旅館」へ。
塩田温泉なんて初めて聞いた…
今は姫路市ですが、姫路市になる前は夢前町。

IMG_7321.JPG

お迎えのおにいさん?が何とも良い味でしだね〜。
大きすぎず、小さすぎず…適度な規模の温泉旅館でした。

IMG_7376.JPG
   上山旅館

食べ物の方は…
相変わらず味音痴でありますので、
コメントは控えさせていただきます。
まあ、満腹で動けなるほどの量ではなかったです。

IMG_7368.JPG
   夕飯

IMG_7480.JPG
   朝飯

翌日曜日は町内会の集会のため、夕方までには戻らねばならず、
慌ただしく出発して行ったのであります。







posted by bunapow at 22:24| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

◇下からハンノキ平〜黒菱山は直下で×(2014.4.1)

普通は上から回ってくるハンノキ平ですが、時期とか車の仕込みとか難題山積です。下からだとどこまで届くか…?試しに行ってきました。平日休みで一人なので気楽に行ってきました。目標は黒菱山、あわよくばさらに上まで…でしたが、黒菱山直下の北斜面が凍ってて敗退。時間的には大丈夫だっただけに残念…。

485517_368689629935917_1786594763_n.jpg
   燕尾根と妙高の北面

巨大滑り台でありますハンノキ平。同じ滑り台でも浅草岳の早坂尾根よりも規模は小さいけど、完成度やロケーションはこっちがスゴイ。天気が良かったのもポイント押し上げてますが。

984023_368689793269234_985717174_n.jpg
   巨大滑り台を下から

主な目的はハンノキ平でしたが、それ以上に他が良かった…。発電所までの車道はウンザリだけど、そこから先は全部良かったですね〜。林の感じがとっても良くて、何よりも大迫力の妙高北面が丸見えで想像が膨らみまくりでした。寄せ付けない雰囲気でしたね〜。

1466078_368689766602570_1891457364_n.jpg
   巨大滑り台を上から

難点は…距離が長過ぎ!往復26キロでした。黒菱山手前までで。横移動が多過ぎます。あと登り返しと。でも、9時間で行って来れたということは、あと2時間くらい突っ込める…かも。雪の状態が悪くなければ、下から火打山も不可能ではない…?






posted by bunapow at 10:32| Comment(2) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

◇吉尾平から昼闇谷の肩まで(2014.3.29)

3月最後の週末は焼山温泉から吉尾平経由で昼闇山の肩まで登って、そこから昼闇谷と吉尾平の間の斜面を滑り、最後は昼闇谷の下の方に出て焼山温泉まで…という旅系ルートを楽しんできました。例年より1〜2週早めの出撃ですが、今シーズンは雪も少なめなのでちょうど良い感じでした。

IMG_6509.JPG
   吉尾平に上陸!

この週末、土曜日がフッと空いたところ、まきchin隊が遊んでくれました!あと、最近何かと絡むことの多いaskの4人です。焼山温泉の駐車場では久しぶりにEVA父さんとも…。微妙だった予報ですが、近付くにつれて良い方に向き、当日はほぼ1日中晴れ!気温が上がって真冬のような透き通った青ではないものの、上出来の天気でした。

IMG_6538.JPG
   阿彌陀&烏帽子をバックに!

昼闇山登頂も考えましたが、ロケーションとテレマークをメインにこのルートで。まきchinさんが山でいっぱいテレマークできるんじゃないかと…。雪は緩すぎ感はあったけど、難しい雪ではなくてよかったですね。

IMG_6553.JPG
   今度は鉢山バック

ちなみに、このルートは2度渡渉しますが、今のところブリッジはあちこちにありました。雪はしこたま降るエリアですが、なんせ標高が低いので融けるスピードも早いと思われます。来週は大丈夫だろうけど、その次とかは微妙になってくるかも…?

IMG_6583.JPG
   肩より昼闇山 こっちから見ると立派です

IMG_6593.JPG
   最後に昼闇谷を見物してオシマイ…

翌日の日曜日は雨予報。真っすぐ帰るのもナニなので…ということで、急きょ我が家で宴会となりました。これで4週連続土曜宴会だ〜(我が家は3週連続)。今週も楽しい週末でした!





posted by bunapow at 09:14| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

◇鍋倉山 山スキー(2014.3.22)

速報ブログの方が後のアップになってしまいました…。
理由は忘れてたから〜
…というか、タイミングが合わなくて。
まあ、格好だけのブログなのでどうでもいいんですが。



…とうことで、春分の日3連休は天気に翻弄されました。
予定では谷川方面だったけど、3連休初日にドッサリと降り、
谷滑りはかなりリスキーな感じに。

2b18b3ce8f3711f25b31dc61c4b4a5e2.jpg

久しぶりにこーちゃんとのスキーだっただけに、
ある程度のとこ(ガッツリかマニアックか)に行きたいところ。
しかししかし降るわ降るわで無難に無難に鍋倉山。
ロック&ブッシュの計画に便乗する形に。

174f5e226594d121793e991488e5ea96.jpg

e721e9b70852d3eedd54638bce390eea.jpg

天気はまずまず、樹氷もまずまず、雪もまずまず。
今日が2014シーズンのラストパウダーになる確率大でしょう。
メンバーも新鮮で、それなりに楽しませてもらえました。
今回の条件だと仕方ないでしょう。






posted by bunapow at 15:01| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

◇笹倉温泉から空沢山途中まで…(2014.3.16)

昨日の山ノ神尾根に引き続き、今日もどっちかというと旅系で。早川源頭を取り囲む日本離れした景観を味わいに空沢山へ。…の目論見だったのですが、予報通りにというか、予報よりも早めに天気が崩れ出し、日本離れした景観にはあり付けず…。

232437db806730ef53c4b7b105e53197.jpg
   火打山川広河原からの空沢山

火打山川の渡渉点のスノーブリッジを確認。この冬の雪の量とスノーブリッジの出来具合を見ておいて、ない頭にインプットしておきます。ちなみに堰堤までの間には、しっかりしたブリッジは1つのみでした。

e35631772bd31d6cd78d7f9f577d6b58.jpg
   雪が多くてもなかなか埋まらない火打山川

このまま戻るのは芸がないので、981mのポコに登り上げ、100m少々の北面滑降。北面といっても雪は重重。前日、前々日に積もったヒザ丈くらいの新雪が緩みに緩んでグッサグサ…。重いわ引っ掛かるわ…。湿った雪や雨が降り出してきましたが、気にならない程度の小雨のうちに笹倉温泉に無事下山。温泉入って、糸魚川のきときと寿司で寿司食って今週末の遊び終了です。








posted by bunapow at 19:00| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

◇栂池から山ノ神尾根(2014.3.15)

先週に続いて名古屋チームとの山スキー。今回はメンバーが少し入れ替わり、グリズリーが中心となりました。季節も春っぽくなってきたことだし、グリズリーには旅系が良いだろいうということで山ノ神尾根へ。クラシックルートですな〜。

ac191b99f597c4ff1542ff98085a6f3d.jpg

木曜は山でも雨(多分)になり、翌日金曜日はは寒の戻り…とめまぐるしく天候が変わります。春ですな〜。今日土曜の白馬は朝から快晴です。絶好のツアー日和であります。栂池ではすでにロープウェイが動き出し、ヘリスキーも始まっています。天狗原からハクノリにかけては大賑わい!

1a121b80a55f6ad4e3293e152fa567f3.jpg

大賑わいの天狗原から山ノ神尾根に入ると人っ子一人いなくなります。基本的に尾根なので滑りを楽しむ感じではないです。でも、雪原をタラ〜ッと流すのはとても気持ちが良いです!尾根のナミナミは大変ですけど…。

c151f1a6d6497afbb5d6f6a33189e55d.jpg

尾根から離れて若栗の頭までがこの日のクライマックス。滑りや雪質はともかく、ブナやカンバに樹氷が着いてロケーションが最高!若栗の頭に近付くと人が増えてきて若干興ざめとなりますが、ここまでで充分満足したのでヨシとします。

c906d1803090813fbc76bf6cce0de907.jpg

若栗の頭までは登らず、手前のコルから黒川沢へ。斜面の向きによってパウダーと生コンとモナカが入り混じり、修行の滑りとなりました。修行といいながらも山スキーは楽しいのであります。下山後は大町で温泉に入って、今週も宴会です!今回の宴会場はたつの家。割合おとなしく飲んでたのですが、M野氏乱入後は…。コンドル氏、またやっちゃいました〜。またまた翌日に響いたのであります。








posted by bunapow at 10:18| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

◇妙高前山 山スキー(2014.3.9)

今日は雪じゃなかったんかい!入山から下山までこれだけ晴れ渡るなんて、今日の予報は詐欺ですね〜。晴れは喜ばしいことなんですが、悪天用に前山を用意していただけに、悔しい気持ちも少しあったりで…。晴れたら行きたかったとこもあったしね〜。

b271cc3f03ebcce6f891b664e61928dc.jpg
   前山は最初のブナがいい感じです

eadc3a5af872ad2d29b0d987295b6bea.jpg
   前山という名前だけに、前に山がなくて下界の展望はいいですね

1dd8714e3b871ac5cd727e85f5303407.jpg
   行列に吸収されてしまいました…

スキー場のコース外的な滝沢尾根は今日もギトギト寿司状態。昨年もこんな感じで、もう前山は来たくないなあ…と思ったんですが、手軽さからまた手を出してしまったと…。今日ももうしばらくはいいなあ…と思ったけど、多分また来年くらい行ってしまいそう。捨て駒とか言うと前山に失礼ですが、最近ではそんな扱いになってしまっている前山です。

192e17a74edb6372b0a51202e48e8f02.jpg
   妙高山

0c19f6062165951094e7bb02ab545e7a.jpg
   途中のブナがいい感じのとこでマッタリタイム

元々のメンバーは5人だったけど、現地で3人合流して計8名に。3名増えて楽しさ倍増!といったところでしょうか。雪は重くてテレマーク受難の雪。下にいくほど滑りやすくなってきたという変な感じでした。








posted by bunapow at 11:00| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

◇大渚山 山スキー(2014.3.8)

3月も2週目となり、このスキーシーズンも折り返し点。そろそろ山っぽいところに行きたいなと思うわけであります。ところが3月にしては強い寒波がやってきて、週末は両日とも雪マーク。しかも結構降るとか…。天気が悪い日に良いとこ行くのはイヤなので、はずれても悔しくないとこへ。…ということでまた大渚山。

4800436df4625fbfe38851b214cc8896.jpg
   朝は良いお天気だったんですが・・・

d339252e7b4e69f9445bdeb8c32cb535.jpg
   先客ありでトレースあり

朝は意外にも晴れてました。この調子なら北斜面周遊も…と欲が出るが、欲を出したあたりから雪模様に…。稜線は小雪&ガス。結局、大草連からの往復でオシマイです。

8922e05bb13810caeba4d671cb6f4726.jpg
   晴れは朝だけであとは… 良くてこんな感じ

登ってる時は意外と軽いかも…と思っていた雪ですが、滑ってみると直でも進まない大渚名物の重雪。ツボだと腰まで埋まるくらいの新雪だったんですけどね〜。

79c1fcf10819a79c9a390f2e867d28ca.jpg
   可京の餃子は美味しいです!

下山後は大町のS亭で宴会。大渚山が往復だけで終わったもんだから、余った時間は宴会に加算されます。夜中まで8時間くらい飲んでました〜。日本酒中心!可京の餃子は旨い!

beb7d953ebaaf19a6cee5accf95a6fad.jpg
   今日は変わった酒が多かったような…

↓↓↓ N田氏の動画








posted by bunapow at 16:07| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

◇三田原山 山スキー(2014.2.23)

沢屋集団との山スキー2日目です。昨日は鍋倉山、今日は三田原山。朝から快晴です。そのぶん雪質が懸念されますが…。まあ三田原山はロケーション重視でいきましょう!滑る斜面が真南斜面なので、そもそも雪質を求めること自体がナンセンス…?



ゴンドラとリフトを乗り継いで着いたところは既に1850m。450m登れば約1000m滑れるというオトクなルートです。そのぶんリフト代はかかりますが…。今年から?駐車場料金(300円)もプラス?合わせて2000円を超えてしまいますが、今日くらいの条件で遊ばせてもらえれば安いと思えます。

fbe9486a69426c82fab2e9013bf8add9.jpg
   三田原名物カンバの疎林を登ります

三田原山のウリといえばダケカンバの疎林と高妻山&乙妻山、北アルプスの眺めでしょう。雪の白、空の青にポツリポツリと生えるカンバがアクセントを付けます。牧歌的なのんびりした風景が広がります。

283cd72b208bf4ed9920c05db10e7781.jpg
   高妻山&乙妻山、北アルプスの展望がすこぶる良好!

さて、懸念された雪ですが、前日日が当たらなかったのか、恐れていたモナカはごく一部しか生成されず…。それでも今日たっぷり日を浴びてるので、雪質は七変化です。気を抜くとやられます。軽いパウダーかと思ったらガリッときたり、モフッときたり、ボソッときたり、ネトッときたり…。それでも極悪雪になることなく最後まで〜。晴れの三田原山でこの雪なら十分です!今日たっぷり日を浴びたので、明日は表面が冷えて凍ってモナカ確実でしょう。ま、月曜だから被害者は少ないか…。






posted by bunapow at 19:00| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

◇鍋倉山 山スキー(2014.2.22)

今週末は名古屋方面から沢屋軍団(ばかりでもないけど)が集結しての山スキー。土曜日が鍋倉山で日曜日が三田原山の予定。山スキーデビュー2名を含む8名(留守番組を含めると11名)の大所帯であります。冬の本職が山スキーでない人が大半。ドタバタ山スキーになりそうな予感!

e0a28bb32725d9d032a8fe8ae2cdf89d.jpg
   冴えない天気でしたが温井集落を出発です

温井集落の雪はだいぶ増えた感じですが、平年よりは雪壁低いのか…?。まあ、平年といっても多い年があったり、少ない年があったりの平均ですから。あと天気がねぇ〜。一日中冴えない天気でした。せっかく樹氷がポンポンに着いていたのに…。晴れたらさぞかしキレイだったことでしょう。これはこれでキレイではありましたが…。
   
2e008baf16d8b2fb4413ee209b5e72c8.jpg
   樹氷はボリュームたっぷり!晴れてたらなあ〜

雪はやや重でしたが、気持ちよくパウダー味わえました!結構な急斜面でも恐怖感なく下向ける感じ。今日滑った斜面はウチの定番コース。ハーフパイプ滑って、カニのハサミの中に滑り込んで、最後は車道のある雪原に滑る三本立て。ハーフパイプはいつも雪いいし、あとの2本は北斜面を絡めるのでパウダー率高し!初心者の人たちも無難に滑ってましたね〜。こっそり撃沈も期待してたんですが…。ある意味残念…。最後の延々トラバースの方が苦労してたりで。



スキーのあとは宴会!信濃町のコテージを借りての宴会!安宿も探したけど、一戸建てのコテージの方が周りを気にすることなく騒げます。ここは約3500円/人とリーズナブルで。ただ、前回(先月)よりもだいぶ早めにお開きとなりました。






posted by bunapow at 23:00| Comment(0) | 山スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。